TOP > 大人の矯正

大人の矯正

大人の矯正
歯の将来は心配、でも問題は今そこで起きています。

当院へご来院される大人の方は、20代よりも30代、40代といった方が多くおられます。
話を聞いてみると「20代の内は矯正装置をつけるのが格好悪いと思っていたけど、今になって見栄えを気にする場合ではないと感じ始めました」という方が多くおられるのです。
食べかすがよくたまる、虫歯になりやすい、口臭が出るといったことで歯科矯正を検討しようと思ったとのことでした。

やはり年を経るごとに、歯の状態も加齢が進みます。
お子さまは「将来」が心配で矯正治療をお受けになりますが、大人は「今」すでに問題があるために治療を受けられるのです。
さらに加齢が進めば、また新たな問題が次々に出てきます。

歯並びによる問題をその都度追いつめられて治していくか、それとも矯正治療をすることで今ある歯を最大限生かせるようにするか、という選択肢に立たされるのです。

大人も矯正治療ができますか?

発育中のお子さまに比べれば、大人は代謝や適応能力が劣るのは当然です。
そのため顎の骨も固くなっていますし、歯ぐきの状態も悪くなっていたりします。
歯の位置を動かしにくいのも確かです。
そのため治療期間もお子さまに比べれば、多少長くなるのは否めません。
しかしだからといって、あきらめるのはまだ早いのです。

当院であれば、豊富な知識と経験をもとに、患者さまにとって最適な方法を見つけて治療を進めることができます。
すでに歯を抜いていたり、神経がなくなっていたり、かぶせものをしてあっても大丈夫です。
歯をとりまく歯周組織に問題がなければ、何才からでも矯正治療は可能です。

気になったら一度ご相談を。

気になったら一度ご相談を。
  • 歯並びが気になる。
  • 歯が出ている。
  • 口が閉じにくい。
  • 話すとき歯ぐきが見える。
  • 発音が不明瞭。
  • 噛みにくい。
  • 顔立ちが気になる。
  • 顎の関節に違和感もしくは音がする。
  • 顎の関節が痛い。

いずれかに当てはまる方は、一度、歯科医に相談してみてください。
大人の矯正治療も、基本的にはお子さまへのそれと変わりません。装置を歯につけておく期間も、お子さまと同じく2年前後です。
ただし複雑な症例や親知らずを使用するような症例もあります。
その場合は抜歯する部位や治療期間が多少変わります。

新着情報

一覧を見る

2017/08/04

<夏期休診のお知らせ>
8月14日(月)~8月16日(水)までを夏期休診と致します。

2016/12/19

<冬季休診のお知らせ>
12月29日(木)~1月5日(木)までを冬季休診とさせていただきます。

アクセス


大きな地図で見る〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5
グリーンシャポービル 4F

【診療時間】
10:00~18:30
※土曜は10:00~17:00

【休診日】木・日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら