河南矯正歯科クリニックblog

2013.08.21更新

八重歯と虫歯の関連性についてご紹介します。

八重歯とは犬歯が正常の場所に生えず、突出した状態のことです。
犬歯は他の前歯より歯根が深く、乳歯がなかなか抜けないので、生え変わりの時期の最後に出てくるのですが、もうすでに他の歯が生えていて犬歯が生えてくるスペースがないと、歯茎上部に出てきてしまうのです。

日本では以前、八重歯は可愛いとされていた時代もありましたが、八重歯を放置しておくときちんと歯みがきがしにくいため、虫歯や歯周病に罹患しやすくなります。
現在では口臭や他の歯への悪影響を与えることもあり、矯正治療を希望される方が増えました。

歯並びを整えることで歯に対する予防意識も変わります。
自身の歯でできるだけ長く健康に過ごすためにも、大人の矯正で30年以上の経験を持つ当院へご相談ください。

投稿者: 医療法人社団河南矯正歯科クリニック

  • 大人の矯正NAVI
  • 当院が掲載されています 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト
  • 河南矯正歯科クリニック Orthodontics Exclusively
side_inq.png