河南矯正歯科クリニック BLOG

2013年8月21日 水曜日

八重歯と入れ歯の意外な関連性とは

八重歯と虫歯の関連性についてご紹介します。

八重歯とは犬歯が正常の場所に生えず、突出した状態のことです。
犬歯は他の前歯より歯根が深く、乳歯がなかなか抜けないので、生え変わりの時期の最後に出てくるのですが、もうすでに他の歯が生えていて犬歯が生えてくるスペースがないと、歯茎上部に出てきてしまうのです。

日本では以前、八重歯は可愛いとされていた時代もありましたが、八重歯を放置しておくときちんと歯みがきがしにくいため、虫歯や歯周病に罹患しやすくなります。
現在では口臭や他の歯への悪影響を与えることもあり、矯正治療を希望される方が増えました。

歯並びを整えることで歯に対する予防意識も変わります。
自身の歯でできるだけ長く健康に過ごすためにも、大人の矯正で30年以上の経験を持つ当院へご相談ください。

投稿者 河南矯正歯科クリニック

新着情報

一覧を見る

2017/08/04

<夏期休診のお知らせ>
8月14日(月)~8月16日(水)までを夏期休診と致します。

2016/12/19

<冬季休診のお知らせ>
12月29日(木)~1月5日(木)までを冬季休診とさせていただきます。

アクセス


大きな地図で見る〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5
グリーンシャポービル 4F

【診療時間】
10:00~18:30
※土曜は10:00~17:00

【休診日】木・日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら