河南矯正歯科クリニックblog

2013.12.05更新

さて、歯列矯正と聞けば幼少の頃に行う方がよいとされがちですが、幼少の頃に歯列矯正を受けた方がよいとされるのは、乳歯のうちに矯正される方が、永久歯に生え変わっても治療期間が短く済むことや、永久歯を抜かずに済むなどメリットが多い為です。

しかし、昨今は大人の歯列矯正が増えつつあり、年代も30代と40代の方が多いという傾向があります。

その理由は、年齢を重ねる毎に歯の加齢も進んでいるためであると当院では考えております。

当院は神戸市で開業して以来、年齢にかかわらず歯列矯正を行っておりますが、歯列矯正の期間や治療内容などは基本的に子供の治療内容と大差はないと考えておりますが、やはり大人は代謝が劣ってしまうのはやむを得ず、治療に時間を要する場合がございます。

投稿者: 医療法人社団河南矯正歯科クリニック

  • 大人の矯正NAVI
  • 当院が掲載されています 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト
  • 河南矯正歯科クリニック Orthodontics Exclusively
side_inq.png