TOP > 目立たない矯正

目立たない矯正

目立たない矯正
矯正装置が見えない治療が可能です。

当院では、歯の表に装置を取り付ける一般的な「唇側矯正」タイプの矯正治療だけでなく、「舌側矯正治療」という歯の裏側に装置を取り付ける治療も行っています。
この方式では、外側から歯に取り付けた金具(ブラケット)がほとんど見えません。

かつては部品が大きく、しゃべりにくくなるといったデメリットのあった舌側矯正ですが、現在では技術が進歩して装置が小さくなり、ワイヤーの位置も改善されて発音への悪影響や違和感はきわめて少なくなっています

しかし舌側矯正は、通常の唇側矯正よりも装着するのに技術的な難易度が高く、しっかりした技術をもった矯正専門の歯科医院を選ぶ必要があります。
もちろん当院は舌側矯正に関しても豊富なノウハウがあります。ぜひご相談ください。

「目立たない」だけではない、舌側矯正のメリット
1.他人の視線を気にせず毎日を送ることができる

「ギラギラした装置を見られるのがいや」という方も多いですが、何より接客業、サービス業、営業関係といった職についていて、お仕事上、矯正装置が見えるのは好ましくないという方も多くおられます。
そうした方々には、他人に知られず矯正治療できる舌側矯正がおすすめです。

2.虫歯になりにくい

歯の裏側は、エナメル質が表側より3倍も厚く、またよく舌が触れて唾液が循環するため、虫歯菌が増殖しにくくなっています。
そのため矯正装置をつけていることで歯みがきが面倒になるなか、舌側矯正であれば虫歯になる確率は格段に下がります。

3.前歯が引っ込みやすくなる

出っ歯の方など、矯正治療で歯を抜いてスペースをつくり、奥歯から前歯をひっぱって後ろに移動させる方法をとることがあります。
ところが唇側矯正では、逆に奥歯が引っ張られて前に移動してしまい、前歯が動かないことがあります。
しかし舌側矯正なら奥歯が動きにくく、前歯をしっかりと後ろに引っ込ませやすくなります。

4.矯正後の後戻りのリスクが減る

出っ歯の方の多くは、舌で前歯を押すような癖があります。
この癖を放置していると、せっかく矯正したのに再び舌で押してしまい、前歯の位置が後戻りしてしまう場合があります。
しかし舌側矯正なら、歯の裏側についた装置が邪魔をして、舌の癖を防ぐことができます。

症例紹介~インコグニート~









新着情報

一覧を見る

2017/08/04

<夏期休診のお知らせ>
8月14日(月)~8月16日(水)までを夏期休診と致します。

2016/12/19

<冬季休診のお知らせ>
12月29日(木)~1月5日(木)までを冬季休診とさせていただきます。

アクセス


大きな地図で見る〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5
グリーンシャポービル 4F

【診療時間】
10:00~18:30
※土曜は10:00~17:00

【休診日】木・日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら